BIGJOHN RARE CONTEST 結果発表

  • Top
  • >
  • レア
  • >
  • レア コンテスト 結果発表


紡績・染色・織布・縫製と、日本有数のクラフトマンの手によって生み出された
BIG JOHNが誇る最高峰のジーンズ、レアR008。
レアコンテストは、その新レアを皆さんと一緒に穿き込みをしていくという企画で、
1年の応募期間中、たくさんの画像を投稿していただきました。みなさんありがとうございました。
審査の結果、各賞受賞作品が決定しましたのでお知らせいたします。
(審査員のコメント)
みなさん本当に素晴らしい投稿でどなたにグランプリを
差し上げるか迷いに迷いましたが、最後の決め手となったのはやはりその
色落ちと愛着感でrare好きさんに決定致しました。
藍聖デニムの潜在能力を思う存分に引き出し、畑仕事によると思われる
ヒゲやコントラストが強く刻み込まれる一方で、インディゴの綺麗な色落ちも
魅せてくれました。
またレアボックスの生地から手縫いでバッグを制作されたことも非常に
愛着感が伝わり、接戦の末見事グランプリに輝きました。
(審査員のコメント)
2011年の8月から参加のpikaxさんでしたが、約半年で見事な追い上げを見せてくださいました。
ジーンズの色落ちも好評でしたが、そのレポート内容も非常に素晴らしく、ご家族とのライフスタイルの 中でのレアが溶け込んで行く姿が見て取れました。
またレアトレなど体育会系のレポートも斬新で、pikaxさんの個性を感じることのできる一面でした。
(審査員のコメント)
唯一の女性の参加者で、女性らしい楽しくてユニークなレポートが非常に好評でした。
ポケットスレーキにレアを穿いて行ったイベントや記念日、洗濯日などをマジックで書かれており、 harukaさんの一年とともにレアが過ごした証が大変よく伝わりました。
またレアを穿いて児島にも足を運んでいただき、
レアのみならずジーンズを愛好している姿が印象的でした。
(審査員のコメント)
sumomomoさんはなんとアメリカからの参加で、米国と日本との水や洗濯機の違いをひとつの視点として レポートしてくださいました。しかもBJ NOBUEに続いて第2位の投稿数をほこり、
非常に丁寧にディテールの解説をしてくださいました。
アメリカに旅立った日にレアを穿き始めたとのことで、それが「アメリカでの今までの思い出が
全て染み込んだ、大切なジーンズ」というコメントに凝縮されているように思います。
今回残念ながら賞を逃した皆さまも、それぞれレアをご自分のライフスタイルに合わせて穿きこなしており、
非常に素晴らしいレポートでした。

今回当選された方は、お手数ですが下記アドレスまでご一報いただけますでしょうか。
商品を発送させていただきます。(※商品のお届けには数カ月かかります。)

ご連絡先:info@bigjohn.co.jp
件名、及び本文に以下の内容を記載してください。

■件名:レアコンテスト当選に感するご連絡
■本文:氏名、ハンドルネーム、メールアドレス、電話番号、郵便番号、住所、レアの写真を1点添付してください。
次回穿き込みコンテストは、今秋開催予定!!
ビッグジョンブランドサイト、及びデニムスクールにて、引き続き告知させていただきますので楽しみにお待ちください。
PAGE TOP