BRAND HISTORY

  • Top
  • >
  • ヒストリー

デニムの聖地・黎明期はBIG JOHNと共に歩んだ。

竹の子のように数多くの国内ブランドが登場し、こぞってジーンズを作りはじめた1960~1970年代。そんな中にあって、ビッグジョンは国産メーカーの誇りを胸に誕生した。
元々、児島で被服で作業着、ユニフォームを縫製していたノウハウを、デニムにつぎ込み、いつしか児島を代表する国産ジーンズブランドとなった。

  • 40s
  • 50s
  • 60s
  • 70s
  • 80s
  • 90s
  • 00s
  • 10s

40s ワークウェア時代

1940
創業者尾崎小太郎が縫製業を始める
学生服・ユニホーム・作業服を縫う
  • 尾崎小太郎
    尾崎小太郎
  • 丸尾被服株式会社
    丸尾被服株式会社
  • 丸尾被服織りネーム
    丸尾被服織りネーム
  • 米軍式パンツも縫っていた
    ビッグジョンの前身、マルオ被服は、作
    業着やユニフォームだけじゃなく、アメリ
    カ衣料人気から、米軍式パンツなども縫
    製していた。
  • 大人気だった防寒服
    大人気だった防寒服
  • 現在でも変わらず学生服のメッカでもある児島。マルオ被服では、作業着のほか、軍パンなどのアメリカ衣料も縫っていた
    現在でも変わらず学生服のメッカでもある児島。マルオ被服では、 作
    業着のほか、軍パンなどのアメリカ衣料も縫っていた

PAGE TOP

50s アメリカ輸入中古衣料時代

終戦後
アメリカから米国製中古衣料の販売を始める
  • 日本人用にリメイクされた
    アメリカ中古衣料。

    戦後、闇市で売られていた米軍放出品
    としての中古ジーンズ。日本人が穿くに
    はヒップが大きすぎるので、ヒップやウ
    エストをリサイズしていた
  • アメリカ製中古衣料の人気は、アメリカへの憧れでもあった。当時のアメリカの綿花栽培風景
    アメリカ製中古衣料の人気は、アメリカへの憧れでもあった。当時のア
    メリカの綿花栽培風景

PAGE TOP

60s 国産ジーンズ黎明期(FABRIC MADE IN U.S.A)

1963
1963年に輸入自由化がスタートし、1964年秋に通産省岡田氏に接触。箱根から西はマルオ被服が生産販売権を持つという契約を大石貿易と交わし、翌年1965 年2 月に50 反のデニム生地(キャントンミルズ社:アメリカ)が児島に届く。4月に国産ジーンズ第1号となるジーンズが児島で生まれる(CANTON ブランド/マルオ被服製)。10月には世界初となるワンウォッシュのジーンズを販売(家庭洗濯機数台による洗い加工)
  • マルオ被服で縫っていたキャントンジーンズ
  • マルオ被服で縫っていた
    キャントンジーンズ

    キャントン会に加入し、西日本の製造 販売権
    を持っていたマルオ被服。縫製方法から 類推す
    るに、このモデルはマルオ被服で縫って いたもの
    だと思われる
  • 1960 年代ビッグジョン大方工場
    1960年代ビッグジョン大方工場
1967
大石貿易のCANTON を縫製するのと並行して、コーンミルズ社(アメリカ)から生地を輸入し使用したBIG JOHN ブランドが誕生(M1002 PROTO MODEL)。
  • マルオ被服は、キャントン会に加入する。1967年、帝国ホテ
    マルオ被服は、キャントン会に加入する。1967年、帝国ホテ
    ルでのキャントン会の写真が こちら

    左1:大石哲夫(大石貿易)
    左2:ルイスジョーンズ(キャントンミルズ)
    右1:柏野氏(マルオ被服)
  • 当時、倉敷駅前では、キャントンとビッグジョンの両方のブランドの看板を出していた
    当時、倉敷駅前では、キャントンとビッグジョンの両
    方のブランドの看板を出していた
  • M1002 PROT0 MODEL
    M1002 PROT0 MODEL
1968
M1002 FIRST MODELが完成(同じくM2002ブーツカット・M3002スリム完成)。
  • BIG JOHN 最初の広告
    BIG JOHN 最初の広告
  • BIG JOHN 最初の広告
  • M1002 FIRST MODEL
    M1002 FIRST MODEL
1969
カラーシリーズ「ROAD RUNNER」がデビュー。日本で初めてカラージーンズを生産発売。
M4002ベルボトムジーンズを販売。一大ブームを巻き起こす。
  • スリムラインのロードランナー
    1960年代後半、ビッグジョンの スリムライン、ロードラン
    ナー。 このホワイトデニムの生地も ファブリック・メイド・
    インUSAだ
  • M4002 ベルボトム
    M4002 ベルボトム

PAGE TOP

70s ジーンズ生産工業化時代

1972
国内初のデニム生地「KD-8」をクラボウと共同開発。
1973
KD-8 を使用したベーシックライン(M シリーズ)が完成。純国産第1号となる。
  • M1002 ALL JAPAN MADE
    M1002 ALL JAPAN MADE
1975
国内発のワークブランド「WORLD WORKERS」デビュー。
アウトドアブームの先駆けとなる。
  • WORLD WORKERS
1977
「オールドシリーズ」デビュー。
  • オールドシリーズ

PAGE TOP

80s 品質優先確立時代

1980
世界初のムラ糸を開発し、力織機で織り上げた「レアジーンズ」が完成。のちのビンテージ・ レプリカブームの先駆けとなる。
  • RARE JEANS
    RARE JEANS
  • クラフトマンマーク
    クラフトマンマーク
1982
デザイン性に富んだ「LUCKY」がデビュー。のちの「SPANA」へと発展する。
1984
Quality Comes Firstのリーガル理念を打ち立てる。
1989
山口県平生工場が完成。生産体制の拡充を図る。
  • RARE JEANS

  • 平生工場

90s 天然素材回帰期

1996
天然染料やリサイクルデニムを使用した
”JEANS REVOLUTION”
キャンペーンを行う。
1997
職人の手仕事による「レアマイスター」を限定300本発売。予約で完売となる。
1999
ベルボトムやタイトストレートなどを復刻した「シャープフィット」発表。
  • シャープフィットシリーズ MH103
    シャープフィットシリーズ MH103
  • レアマイスター
    レアマイスター

00s スタイル提案期

2002
Dickies とのサブライセンシー契約を締結。日本における商品開発・販売を行う。
UD874をローライズにしたUM874 がのちに大ヒットする。
2004
ストリートスタイルに対応した「コシバキジーンズ」発売。
2006
内股にもう一本のステッチを入れた「Λステッチ」がデビュー。
2008
細みのシルエットに特化したコーディネートジーンズ「The Tailored」がデビュー。
2009
60年代のスリムジーンズM3002を現代版として昇華させた「M3」が発売。
  • コシバキジーンズ
    コシバキジーンズ
  • Λ-Stitch
    Λ-Stitch
  • The Tailored
    The Tailored

PAGE TOP

10s 70th ANNIVERSARY

70th ANNIVERSARY

ビッグジョン70周年。
2010年、マルオ被服時代から数えてちょうど設立70年を迎える。70周年記念として、
かつてのビッグジョンの名作ジーンズを復刻させた、ビッグジョンアーカイブシリーズも計画中。
PAGE TOP