BLOG

2017.01.18

BIGJOHNのエプロンといえば・・・オーバーオールの吊りかん

いつもBLOG閲覧いただきましてありがとうございます。

国産ジーンズのパイオニア 【BIG JOHN】BLOGでございます。

お正月が明けて、しばらく経ちますが、なぜか当社エプロンの出荷量が半端なく多いんです。

なぜでしょう?皆さん新年を迎え、エプロンを新調したい気分なんですね!

エプロン業界、外食産業、経済産業省を巻き込み、1月18日をエプロンの日と設定し・・・

はい!こんばんわ!そんな胆力はありません(泣)BIGJOHNオンラインストア店長森田です。

さて本題、BIGJOHNのエプロンはデニムを中心にヒッコリーやカラ―物など、JEANSの生産で

余ってしまう生地をベースにいろんな形がありますが、そのうち2型、代表的なエプロンで

オーバーオールの吊りかんを使用しています。

917hs-m-11

定番のワークエプロンです。どこに使われているかみにくいですね~

もっとUPプリーズ

917hs-m-31

胸当てを吊り下げる金具に使用しています。首から下げる仕様なので、オーバーオール見たいな

サスペンダー風の部分はなく、すっきりしていますね。

折角なんで、手元にあるサンプルの金具をばらしてみましょう。

img_0909

一体型もありますが、多くはこのようなセパレート型が使用されています。左の「日」の字型の金具は

調節するための、右の金具はビブ(胸当て)のボタンに引っかけて留めるための役割を果たします。

これで、肩ストラップの調整も可能ですし、固定もされます。非常に原始的な構造ですが、1世紀以上も

変わらず使われているオーバーオールの吊りかん。こうして改めて見るとよく考えられた金具だなと実感しますね。

あれ!ばらしたはいいけど戻せなくなっちゃった!・・今夜は長い夜になりそうです(泣)・・

 

ともあれ、BIGJOHNオンラインショップでは、吊りかん仕様のエプロンを絶賛発売中です!

BIGJOHNワークエプロン ¥2900+税

BIGJOHNオーバーオールエプロン ¥4900+税

なんとどちらも日本製の逸品!!

まだ今年エプロンを新調してない方!オススメでーす♪~

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP